ぐりん

ぐりん

グルメ道

競馬場に来ると腹が減る。腹が減ったら何か食べたくなる。

競馬場での食事っていうと、「高い」「まずい」「粗末」っていうイメージがあるが、中には「こりゃうまい!」「これはおすすめ!」っていう名物料理もあるはず。各地の競馬場で、そんな食べ物を探してみたい。

独断と偏見の自己採点付き。

◎=馬券買わずとも食べるべき 

○=他のもの食べるならこれにしよう

▲=好みによって分かれそう

△=食べても悪い気はしない

無印=食べちゃいけない

まだ立ち上がったばかりのこのページ、今後どこかの競馬場を訪問するたびに更新していきます。しばらくは貧弱な内容ですけど、大目に見てね。

船橋競馬場の隠れた人気商品、

売店菊屋の今川焼き。

何しろ一度に作れる数が少ないので、

できあがったらすぐに売り切れる。

できあがりを待つ行列ができることも

しばしば。100円。

 (2002.5.8現在)

 

 

食堂「白鳥」の朝定食+生卵。

淀に来ると、なぜかいつもこの食堂に

寄ってしまう。

610円+生卵50円。

間違ってソースはかけないでね。

 

 

笠松と言えば、どて飯。

この味が好きかどうかは、好みで

分かれそう。

食堂「山ちゃん」にて。

650円

 

 

食堂「小香女7−8(オカメセブンエイト)」

のいか焼き定食。

残念ながら、いかは冷たかった。

700円。

おみそ汁のお代わりがありました。

 

同じく「小香女7−8(オカメセブンエイト)」

のマグロ丼定食。みそ汁のお代わりあり。

これで600円はお買い得。

文福屋のもつ煮定食。

この値段で、なかなか食えた。

高崎は、安くてまずまずのものが

食べられるので嬉しい。600円。

(冷めた)コーヒーのサービス付き。

 

名古屋でもどて飯。食堂名不明。

ちなみに上に乗っていたのは、モツでは

なかった。480円。

これとは別に、どて飯定食(750円?)も

ありました。